支援以外のポイント

専門学校を選ぶポイントの1つが学費支援制度なのですが、これだけが専門学校を選ぶポイントではありません。他にも選ぶべき重要なポイントがいくつか存在しています。それは就職支援をどれだけ行ってくれるのか、そもそも学費はいくら必要になるのか授業の形式はどのようになっているのか、開始時間なども重要なポイントになります。

一般的な学校の場合、就職時には担任の教師がアドバイスをするぐらいに留められていますが、専門学校の中にはカウンセラーへの相談や個別指導などを行っている場合もあります。就職目的で専門学校に通う人が多いので、就職支援はかなり重要です。また、学費支援制度を受ける前に、学費を知っておく必要もあります。学費が安ければ、そもそも学費支援制度を利用する必要もなくなるからです。

教室授業の形式も大切で、少人数制で直接個人で質問することができる専門学校もあります。このような専門学校の方が、より効率的に知識を身につけることができるでしょう。人によっては働きながら専門学校に通う人もいるので、授業の開始時間なども重要なポイントです。学費支援制度以外にも、このような点をきちんと確認した上で選ばなければいけません。そうすることで、より自分にふさわしい専門学校に通うことができるでしょう。


★関連記事★

支援制度がある学校

学校学費支援制度というのは、公的な奨学金は別として、独自に支援制度を設けていることもあります。もちろん学費支援制度を受けるためには条件がありますし、特に支援制度を導入していない専門学校も存在しています

ちなみに専門学校の大原学園では独自の「試験による特別奨学生制度」というものを設けています。特別奨学生試験の結果に応じて入学金や授業料の全額または一部を免除してもらえる制度ですので、必要な生徒には非常にうれしいシステムといえます。

大原学園の専門学校への入学をご希望の方を対象に「試験による特別奨学生制度」を実施しています。
この制度は、大原独自の特別奨学生試験の結果に応じて入学金・授業料の全額または一部を免除するものです。

自分が学習したい分野の専門学校を探す場合には、このような学費支援制度がある学校を優先的に選ぶという方法がおすすめです。もちろん学費支援を受ける必要がない人にも同じことが言えます。

学費支援制度を独自に導入している専門学校の場合には、それだけ多くの生徒を受け入れたいという気持ちがあります。優秀な人材を育てたいという気持ちが強いので、しっかりとした教育を受けられる可能性を期待できます。これが、独自に支援を行っている専門学校をすすめる理由の1つです。

ただし、学費支援制度というのは、基本的に返済しなければいけません。これは公的機関で導入されている奨学金と一緒です。ただ学費支援制度を導入しているだけでよい学校だと断定することはできませんので、どれぐらいの金額を返済するのか、返済するまでの期限はいつまでなのか、もし返済できなくなった場合にはどうなるのかなど、事前に詳しく説明してくれる専門学校を選ぶようにしましょう。


★関連記事★

支援を受けられる条件

専門学校にも学校によって独自の学費支援制度があり、経済的に厳しくて入学ができない場合には、支援をしてもらうことができます。ただし、誰もが簡単にこの制度を利用できるわけではありません。支援を受けるためにはいろいろな条件があり、これらを満たしている必要があります。では、どのような条件があるのか紹介します。

テストまずは、入学前にテストを行います。これは、十分な学力が備わっていることを確かめるために行うのですが、専門学校に合格できる十分な学力がなければ支援を受けることはできません。受ける学校によっては、面接や書類選考を行う必要が出てくることもあります。場合によっては専門学校で勉強する内容に関する資格を持っていると、学費支援制度を受けられることもあります。受ける専門学校によって、条件が異なっていることが多いので、よく確かめておきましょう。

一般的に奨学金と呼ばれている種類の学費支援制度は公的支援を受けるための制度であり、日本人の場合には、卒業後に高い利子を付けて返済する義務があります。しかし、これ以外に専門学校独自で学費支援制度を設けていることがあるのです。その条件が上記で紹介した学力試験や面接、書類選考や資格の有無というわけです。まずはこのような制度があることを知るのが重要になります。


★関連記事★

専門学校の選び方

現在の日本には多数の専門学校があります。一般的に、高等学校を卒業してから専門学校に行く人が多いのですが、一部の種類に属する専門学校では、中学校卒業でも入学できるところがあります。たくさん種類が存在している専門学校を選ぶ場合、まずは自分が何を勉強したいのかが明確になっていなければいけません。専門学校は一般的な学校とは違い、専門分野を学習する学校だからです。学校のように色々な教科を勉強するところではないということを知っておきましょう。

料理実際に、自分が勉強したい分野を学べるところがあるか調べる必要があります。例えば、料理が好きで、将来調理師などを目指したいと考えているのであれば、調理師専門学校を探して入学することになります。具体的に勉強したい内容がはっきりしたら、自分が通える範囲内にあるのかを探してみましょう。ある場合は入学の手続きを行いますが、ない場合には引っ越しなどを考えなければいけません。

通える範囲内に引っ越しをするのが最も確実ですが、寮がある場合には寮を利用すると何かと便利でしょう。ただし、集団生活が苦手な人は、ストレスに感じることがデメリットになってしまいます。当然入学するためには、入学試験が存在していますし、授業料を支払う必要もあります。授業料が高くて支払いが難しい場合には、学費支援制度を利用できる可能性もありますので、どのような制度なのか、利用するための条件を満たしているのかを確認しておきましょう。


★関連記事★